Month: December 2017

京都、東京、秋田、仙台、青森で登壇した2017年、一年の総まとめ。

怒涛の2017年。もう1年が終わろうとしている。

登壇者 Advent Calendar 2017に参加していたのにすっかり日にちをロストしてしまってました。ごめんなさい。
1日遅れてしまいましたが今年2017年の登壇の総まとめを書いておきたいと思います。

2016年10月11日に株式会社neccoを創業して以来、怒涛の毎日でした。気がつけば2期目に入り2017年も終わろうとしています。

今年最初の登壇はこちらでした。

2017年6月24日 『WordCamp Kyoto 2017』

スライドはこちらです。

2016年の秋に創業したてで何を血迷ったか、青森県が主催のハッカソンに創業メンバーと強力な仲間をつれて5人で参加してなんと賞を2つもいただいてしまったのです。
AWS賞とオーディエンス賞の2つです。全てはここからはじまった気がします。

それをみてくれていたWordCamp Kyoto 2017実行委員の方に声をかけていただいてはじめてWordCampで人前でお話させていただくことになりました。
翌週にはカナダに1週間行くなどかなりこのあたりスケジュールがやばかったです。。。

2017年7月24日 『JBUG Vol1』

JBUG Vol1でLTで登壇させていただきました。
こちらはBacklogのユーザーグループだったのですが、あんまりBacklog使ってないけどLTさせてもらいました。Trelloいいよね。とか。ひんしゅくですねw
いまはneccoはすっかりAsanaを使っております。。。Backlogもカンバンがあればなと。常々思ってます。

2017年8月4日 『necco全体ミーティング』

スライドはこちらです。

ま、だいぶふざけたスライドをつくったのですが、創業してから全くといっていいほどゆっくりみんなの前で話す機会がなかったのでなんとか1期目が終わる1ヶ月前に話した内容です。思ったより好評のようでしたし、全員僕以外のLTの時間をとって発表してもらいました。みんながんばってたな〜

2017年9月7日『秋田コアビジネスカレッジ』

秋田の専門学校の秋田コアビジネスカレッジの生徒さんの前でお話してきました。
会社の紹介とこれからデザインやWEB業界の未来をちょっとお話しました。

2017年10月7日『JAWS−UG 仙台 秋祭り』

AWSのユーザーグループであるJAWS-UG 仙台のイベントである秋祭りに登壇してきました。AWSとWordPress、Stripeを使ったnecco Lunchの決済のシステムのデモを作っているのでその話をさせてもらいました。
スライドは下記、Stripeの登壇資料を似ているので割愛しますが、この発表がStripeの登壇に繋がったと思います。

2017年10月12日『JAWS−UG 秋田』

弊社neccoがある秋田でJAWS−UG 秋田を開催し、こちらでもnecco Lunchの話を簡単にさせていただきました!

2017年12月14日 『JP_stripes』

決済システムを提供しているStripeのユーザグループのコミュニティでLTにて登壇しました。スライドはこちらです。

2017年12月16日 『JAWS-UG 青森』

12月上旬にAWSの年次の巨大カンファレンスであるre:Inventに参加しにラスベガスまで行ってきましたので、その報告会をAWSのユーザーグループであるJAWS-UG八戸にて発表してきました。
スライドはこちらです。

自社の登壇あわせて、2017年は『8本』の登壇となりました。

創業したころは当分、毎日毎日、デザインやWEBの制作や企画を行って過ごすものと思っていたら登壇だけでも8回もさせていただきました。本当にありがたいことです。お金には変えられない体験をたくさんさせてもらいました。お声がけいただいた方には感謝しかありません。それと連動してるかわかりませんが、今年は海外は全部で25日間くらい滞在して、移動した都市は、トロント、ラスベガス、バンクーバー、シアトルと4都市も行くことができました。
実に5年ぶりに海外に行ったのですが、まさか3週間も海外にいることになるとは全く思ってませんでした。来年もできる限り多くのものを見て回りたいです。Adobe Maxとか、WordCampとか。

これも日頃からお仕事をご依頼いただけるお客さまと一緒に仕事をしているメンバーのおかげです。新しい知見に触れることや先端の人たちに出会うことで個人としてもneccoとしても、お客さまや仲間に多くの価値を提供できればと思います。

まだまだ何もないneccoと私ではありますが、来年もお話できる機会がもしあれば、なるべく足を運びたいと思います。

来年2018年も全力で行きますのでneccoをどうぞよろしくお願いします。

泊まりがけでWordPressのお祭り『Word Fes Nagoya 2017』に初参加してきた話

WordFes Nagoya 2017に参加してきました!

みなさん、お久しぶりです!石ブラックこと石黒貴文です!
「なんで石ブラック?」と疑問に思った方は前回のブログをご覧ください。

リモートワーク・アクションエンジニア石黒貴文の上京物語 〜スーツアクターへの道〜Act.1

秋田市に本社がある、ブランディングデザイン・WEB制作会社『necco』に所属しながら東京でスーツアクターを目指しリモートワークをしている僕ですが、今回はイベントに参加してきましたのでその話をさせていただきます。

Word Fes Nagoya 2017の会場は名古屋工業大学でした

そのイベントとは、1028日に開催された「WordFes Nagoya 2017」(以下WFN2017)です!
ブログではWFN2017全体の振り返りたいと思います。

東京都と京都のCampには3回ほど参加していたのですが、初めて名古屋のFesに行ってみました。写真は撮り忘れてたのでかなり少なめです。

会場は名古屋工業大学の52号館で行われました。黒板や学習机で受けるセッションは学生時代を思い出します(笑)。
普通の学び舎なので廊下が狭かったり、機材トラブルでタイムテーブルの変更があったり。

名古屋のスタッフさんは他よりも内輪感が少なくホスティング精神がしっかりしていた印象でした。固まりすぎず程よいスキを作ってくださるので非常に話しかけやすかったです。

戦え!懇親会ぼっち達よ!

僕が参加してきた限りでは懇親会は同会場で行われるのが多かったのですが、今回は「サッポロビール名古屋ビール園浩養園」というお店の地ビールレストランを借り切っての開催でした。

懇親会の様子

料理も美味しくとても豪華で、後半出てきたお蕎麦が最高でした。とはいえ、料理ばかりに舌鼓を打っている場合ではありません。
スロースターターな僕は今回も人見知りを発揮し、スタートは当然ぼっちで料理を貪り、酒をかっ食らう、挙動不審な奴になってしまいました。
これではいけないと一度トイレでgoogle先生と作戦会議。google先生に相談してナイスな記事を発見!

人見知りでも交流会を有意義に過ごせる9つの方法

これならいけそうと、気合いを入れていざ戦場(ホール)へ。ようやく一人に話しかけることが出来ると、吹っ切れて色んな人と話すことが出来ました。結局最初の一歩がすごく怖いんですよね、いつも終わってみると楽しめたなって思えるんですけどね。

僕と同じような経験をされてる方はたくさんいらっしゃると思います。気持ちはよく分かるので、どこかの懇親会で僕を見かけた時はぜひ話しかけて下さい!一緒に人見知りトークをしましょう(笑)

Word Fes Nagoyaは懇親会後が本番、という声も

懇親会も終わってさぁ解散!…とはならないのがWordPressのお祭りWordFes Nagoyaの面白いところ。名古屋の最大の特徴は、宿泊プランがあることだそうです。

公式サイト引用

WordFesの最大の特徴は、宿泊プランがあるということです。 よくあるのが、懇親会のあと、話が盛り上がって、「2軒目、どこにする?」みたいなことが多いのですが、WordFesでは、そんなこと気にしなくて良いです。 そのままの盛り上がりを維持しつつ、知り合った仲間と盛り上がれます。名古屋に宿泊予定の方、ぜひご検討ください。名古屋在住の方も、いろいろな方と語り合えるのでぜひ!

WordFesの宿泊プランが最高な理由!】

・懇親会のあとの面倒くさい移動は、貸切バスをご用意

・宿は、全員個室です。

・お酒、おつまみ、夜食もご用意

・宴会部屋が用意されており、朝まで盛り上がれます。

・宿泊先は、水の都で有名な大垣なので、次の日、時間に余裕がある人はセルフガイドで観光もできます。

・懇親会+宿泊で8000円!

というのが売りみたいでしたので僕も迷わず宿泊プランで申し込んでおきました!

宿泊組は貸切バスで1時間ほど移動。さすがに疲れてバスの中では寝てしまいましたが、元気な方はバスの中でも会話が弾んでいらっしゃいました。

貸切宿泊施設 ソピア・キャビン」に到着。最初はどこか理解していなかったのですが岐阜県に来てました。WordFes Nagoyaにきて岐阜に泊まるとは思わなんだ。

ですがこの施設がまた使いやすく、

・基本的にワンフロア完全貸切
・バス・トイレ付シングル 10室 (Lタイプ)、共同シャワー室利用シングル 40室 (Mタイプ)
・和室談話室は、ミーティングや食事で利用可能
・インターネット接続無料(有線LAN・無線LAN)
・バスタオル、フェイスタオル、ガウン、歯ブラシ有り
・コインランドリー、自販機有り

凄い。そして料金が格安!

基本貸切料金: 20,000円/1
Mタイプ:700円/室/泊
Lタイプ:1,700円/室/泊

部屋数分の料金だけで借りられるので、人が多ければ多いほどお得になります。
例えばMタイプ15室、Lタイプ5室の20名で利用する場合は

20,000円+(700×15室)+(1,700×5室)=39,000

一人あたり平均1,950円くらいで貸切宿泊できるんです!部屋もキレイでバス・トイレの無い(Lはついてます)ビジネスホテルだと思っていただければいいかと思います。これは利用するわ。

さて、施設を確認し荷物も入れて一息ついたところで今回のメインとも言える宴が始まります。宴会場にはお菓子やおつまみ、冷蔵庫いっぱいに詰まったアルコール類、締めのカップ麺などが山のように!スタッフの方ありがとうございます!人見知りの僕も懇親会でそれなりにほぐれて打ち解けやすくなっていたので、お酒も入り3時まで話し込んでしまいました(笑)

バズるサイトについてや、鉄道話、日本一長い路線バスの話から秋田の話まで、本当に色々な話題があってとても楽しい時間でした。

この宿泊プラン、懇親会、バス移動なども含めて「これだけあって8,000円は安すぎかよ!」って思わず口に出てしまうくらい良かったです!