Month: December 2018

ついに、箱猫が現実世界にあらわれた!イラストからグッズ、そして立体になるまでの「Hakoneco誕生物語」(3Dプリント手順付き)

neccoとCaTと箱猫の2018年まとめ

箱猫といえば、わたしたちneccoが主催している勉強会イベント「CaT」のマスコットキャラクター。
このブログの読者さんやCaTに参加したことのある方には、もうお馴染みですよね。
そんな箱猫が、ついに3Dプリンターにより現実世界へと飛び出してきました!
どうしてそんな素敵なことが起きたのでしょうか?
今回のブログでは、箱猫誕生からリアルになるまでのストーリーを、2018年の総括として振り返っていきたいと思います。

目次
1. すべてはここから始まった!「CaT」スタート
2. 箱から出てステッカーに!ゲストさんとの豪華コラボが実現
3. モデリングされて3DCGの箱猫ちゃんが生まれる
4. 3Dプリンターにより、ついに現実世界に飛び出した!
5. 3Dプリンターで出力するための手順(デザインデータ編)
6. 3Dプリンターで出力するための手順(プリンター操作編)
7. 最後に、「すべては皆さまとの出会いのおかげです!」

1. すべてはここから始まった!「CaT」スタート

CaT Create and Think

CaTを開催することに決めたのは、株式会社スイッチの鷹野雅弘さんからのありがたい声掛けがきっかけでした。

CSS Nite 鷹野さんの箱猫イラスト

鷹野さんはDTPやウェブサイト制作など、20年以上第一線で手を動かし続け、制作のほかに執筆や講演をこなしていらっしゃいます。
2015年から大阪芸術大学客員教授。2017年からはAdobe Community Evangelistとして、Adobe Maxでも登壇されています。
ウェブ制作者向けのセミナーイベント「CSS Nite」は2005年から継続。テクニカルライターとして30冊以上の著書を持ち、総販売数は18万部超!

そんな鷹野さんが1月に秋田にいらっしゃる機会があり、光栄なことに「一緒に何かやりましょう」とお声がけくださり、このイベントが実現したのです。

とはいえ、neccoがイベントを運営するのはこれが初めて。
「これはすごいことになったぞ!」と、気合いを入れてコンセプトやネーミングづくりから始めていきました。

Create and Think=「CaT」というイベントタイトルがひらめいた瞬間は、アハ体験ものでした。どれだけ脳が活性化されたことか。
「necco」が運営する「CaT」
猫つながりにもほどがあります。

こんなにも猫推しなのに、イラストに猫を入れないわけにもいきません。
デザイナーの今 聖菜がイラスト制作を手がけ、代表・阿部から「“お餅”や“雪見○いふく”のような猫にしてほしい」という要望があり、箱に入ったまんまるシルエットの「箱猫」が誕生したのです。

2. vol.3では箱から出てステッカーに!ゲストさんとの豪華コラボが実現

CaT vol.3では、大阪を拠点に活躍しているデザイナー・角田綾佳さん(スピカグラフ)と箱猫のコラボステッカーを作成!
箱猫が箱から飛び出し、角田さんが描いたセクシーな猫耳女の子との夢の共演を果たしました。
お魚をくわえたり同じポーズをしたり、可愛すぎるこのステッカーは参加者のみなさんから大好評でした。

3. モデリングされて3DCGの箱猫ちゃんが生まれる!

夏に開催されたCaT vol.4では、角田さんとのコラボで大人気だったステッカーをゲスト3組様と一緒に制作。
ショウノモエさん・マツオミサさん(こどもアート企画motto)、Kiteさん(KITERETZ inc.)、まりめろさん(株式会社HAMWORKS)にデザインをつくっていただきました。

そして今回は、3DCGを得意とするまりめろさんが箱猫を立体にしてくれたのです!
まんまるの体に磨きがかかった箱猫ちゃん。今にも動き出しそうです。

Tシャツやトートバッグなどのグッズも制作!
vol.4の登壇者さんやスタッフは箱猫Tシャツを着用し、イベントに臨みました。

2018年後半にはオンラインヨガをスタートし、ヨガ箱猫まで誕生しましたね!

4. 3Dプリンターでついに現実世界に飛び出した!

CaT vol.5では、3Dプリンターのお話を聴くことができました。
vol.4で3DCG→vol.5で3Dプリンターとは、なんていい流れなんでしょう。

登壇者は、秋田県立大学機械知能システム工学科在学中に3Dプリンタについて学び、今年春に秋田県由利本荘市で起業した鈴木圭一さん(Hollow cube)。
鈴木さんのお話から“3Dプリンターが個人でも購入しやすい価格帯になっていること”、“どんな作品が出来上がるのか”などを知り、neccoでは3Dプリンターの購入に至ったのです。

neccoに3Dプリンターが来た日に早速、箱猫を出力してみました。

5. 3Dプリンターで出力するための手順(デザインデータ編)

■3DCGデータを3Dプリント用データに変換

Blenderのデータをstlデータに変換(※stl→3Dモデリング用のデータ形式)
・stlデータをCuraを使ってgcodeデータに変換(※gcode→3Dプリンターに印刷の命令を出すファイル)
・Curaでオブジェクトの出力サイズ・密度(精度)・補助剤の有無を設定
 (箱猫のしっぽは浮き上がっているので、そのまま印刷すると途中で重さに耐えられずポキっと折れてしまうので『補助剤』でしっぽの下の部分を固定して印刷する必要がある。)

■いざ3Dプリンターで出力!

・先程書き出したgcodeファイルをmicroSDに入れて3DプリンターにSet
・3DプリンターEnder3で先のgcodeデータをプリント → 完成!

こちらは、鈴木さんが作ってくださったヨガ箱猫です。か、かわいいっ!!

6. 3Dプリンターで出力するための手順(プリンター操作編)

■まずは、材料となるフィラメントを取り付けます。

この白いボビンのようなぐるぐるな物体がフィラメントです。
フィラメント1kgで、縦3cmくらいの箱猫が80個分くらい制作できるそうです。

■3Dプリンター(Ender3)の簡単な筐体説明

液晶画面はタッチパネルではなく、その下にあるコントローラーで操作します。

Ender3のmicroSDの挿入口は金属端子が上の状態で挿入します。

■3Dプリンター(Ender3)でプリントするまでの操作手順

本体起動時の液晶画面です。
プリントするにあたって、この内容を最低限押さえておけばオッケーです!

コントローラーを押すとメニューが出てきます。
「Print from SD」にカーソルを合わせてクリックすると、microSDに移したgcodeデータが選択できます。
(事前にノズルを温めておくことも可能です。)

今回プリントするのは4cmの箱猫データです。
赤く囲んだ上のデータが4cmの箱猫データで、下のデータは6cmの箱猫データです。
gcodeデータを選択して、コントローラーを押すとプリントが始まります。
(※ホットベッドとノズルを温めるので、プリンターが動き始めるまで少し待ちます。)

■gcodeデータを取り込んだら、プリント開始!

下から上へと層が積み重なっていく「積層方式」で出力されていきます。
プリント中は高熱になっているので、絶対に素手で触ってはいけません。


こんな風に内部は網目状になっています。


最後に耳を仕上げて、完成!
4cmの大きさで1時間半くらいかかりました。

7. 最後に、「すべては皆さまとの出会いのおかげです!」

2018年は、出会いと挑戦の連続。新しいモノを生み出したり、小さくても何かを成し遂げるためには、“出会いを大切にすること”“分からなくても、不安でも、まずはやってみること”が重要だと実感した1年でした。
小さいことですが、わたしたちのような地方拠点の小さな会社が、大きなイベントライセンスやコミュニテイの名前も借りず、自社企画・主催としてCaTを続けてこれたのは、みなさまのおかげです。
繰り返しこの場を借りて感謝いたします。

イベント開始のきっかけや度々のご登壇、多数のアドバイスをいただきました、
鷹野 雅弘 さん (Swwwitch / CSS Nite / DTP Transit

CaT vol.3ではご一緒にステッカーのイラストを快く描いていただきました、
角田 綾佳 さん (スピカグラフ / KITERETZ

CaT vol.4で箱猫を3DCG化していただきました、
まりめろさん@marimelody11 / HAMWORKS

CaT vol.5で3Dプリンターを操作方法から細かい内容まで紹介してくれてサンプルをたくさん作っていただいた
鈴木 圭一さん (Hollow cube)

本当にありがとうございます。

最後に、一番大切なCaTの参加者さん登壇者さん、運営メンバーの皆さん、本当に2018年はありがとうございました。
来年2019年も『Create and Think – CaT』どうぞよろしくお願いいたします。

阿部 文人

ブランディングデザイン受託制作会社neccoでの2018年のStripeの利用と参加&登壇したJP_Stripes を振り返る!

neccoでのStripeの利用種別

neccoではStripeを下記のように利用してます。

1.自社企画のイベント「CaT – Create and Think」のチケットの支払いで利用
2.ホスティングのお客さまのサーバー費をStripe Billingでサブスクリプション支払いで利用
3.necco Lunchという自社で作ったWordPress + WooCommerceで利用

以上3つで利用してます。とっても便利〜

1は、DoorkeeperでStripeを利用してます。イベント時に金銭授受がほぼなくなってかなり楽になりました。
2は、毎月のサーバー費の振込がお客さまが簡略化したいとの声があったのでBillingを使ってクレジットカードでサブスクリプションで支払いできるようにしました!これはほんとに便利です。

詳細は2018年4月に秋田でJP_Stripesを開催した時に発表していたスライドをご覧ください。

3はのnecco Lunchはいろいろなところでお話する機会をたくさんJP_Stripesでいただきました!ぜひこちらのスライドご覧ください。

neccoが参加&登壇した2018年のJP_Stripes

2018年4月 – 秋田(キックオフ)

秋田でStripeを使ってるトラパンツさんとneccoのエンジニアの二人!

秋田でもいつもの!

トラパンツの三浦さんは12月6日のStripe Advent Calendar 2018に下記の記事も書いてます!
アプリサーバーでStripeによるキャッシュレス決済をした話。

2018年7月 – 沖縄(キックオフ)

沖縄もキックオフでした!

沖縄でもいつもの!

2018年9月 – 宮崎(キックオフ)

宮崎にも参加!!!!

宮崎で買った辛麺というお土産がとっても美味しかった。。。また宮崎も行きたい。

2018年9月 – 福岡(vol.4)

宮崎の翌日には福岡にも参加!!!

福岡でもおきまりのポーズ!

スライドも褒められて嬉しかったな〜

さすがに秋田から来るとびっくりされますね!!!

福岡でたべた博多ラーメン、白味噌もつ鍋、中洲のモツ鍋ラーメンが忘れられません。何度でも行きたい福岡。

2018年は合計4箇所のJP_Stripesへ参加&登壇させていただきました! ありがたい!とても楽しかったですね。
来年もいろいろな地域に参加してみたいなーと思います。

各地域でみなさんどのように実際使ってるとか、どう使いたいとか、アイデアやStripeのどういうところがいいのか、直接お話を聞くとまた私のほうもこんなことやあんなことに使えないかと考える良い機会になってます。 JP_Stripesに参加される方は熱量も高くてイベントはもちろん、懇親会もとっても楽しいです!

JP_Stripesさんの登壇をきっかけに開発へのモチベーションや改善などにも少しずつ結びついて私のほうがたくさん勉強させてもらってます。

2019年のneccoとStripe

さてここから2019年のneccoとStripeについて書こうかなと思います。
来年は下記3つをStripeを使って実現したいと思ってます!

1.ECサイト(秋田人形道祖神)

秋田人形道祖神
秋田人形道祖神というものを調査して、書籍の販売やイラスト制作などをしているANPのお二人と一緒にStripeを使ったECサイトを制作中です。
来年の1月には公開したいなと思ってます。

こちらの写真の撮影や、Tシャツのデザインなどはneccoで担当させていただいてます!

■秋田人形道祖神ECサイト公開予定URL
https://dosojin.jp/
■ANP – Facebookページ
https://www.facebook.com/akitadosojin/

もちろん構成はWordPress + WooCommerce + Stripeです。

2.ECサイト(箱猫ストア)

CaT - Create and Think Tシャツ グッズ
自社企画・運営している「CaT – Create and Think」というイベントのグッズのECサイトも作ってみようと思ってます。
こちらも構成はWordPress + WooCommerce + Stripeです。

3.自社のSaaS

Hakoneco と Stripe
neccoで2019年は簡単なタスク管理サービスを企画中です。こちらも来年中には公開したいなーと思ってます。
タスク管理サービスは大変な今更感がありますが自分達が作ってみたいタスク管理サービスをまずはやってみたいなと思ってるので作ってみようかなと。

構成はVue.js + Stripeで、”公開する”のを目的にやってみたいなと思ってます。

上記3つのサービスで来年の2019年もStripeを使っていければと思ってます。通常業務もしながらここまで作れるか大変に心配ですが、来年も突き抜けて行こうと思います。

necco 年末年始休業期間のおしらせ

2018年も大変お世話になりました。

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

早いもので、2018年も残りわずかとなりました。
neccoとCaTのキャラクター「箱猫ちゃん」もお休みモードです。

さて、弊社では、誠に勝手ながら年末年始休業を下記の期間で実施させていただきます。

■年末年始休業期間
2018年12月22日(土)〜2019年1月6日(日)

■営業開始日程
2019年1月7日(月)午前10時より平常通り営業いたします。

■お問い合わせへのご回答
メールでのお問い合わせにつきましては、2018年12月22日 18時受付分までを当日に対応させていただきます。
18時以降もメールでのお問い合わせは受け付けさせていただきますが、弊社からの回答は、2019年1月7日 10時以降となります。

みなさまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

CaT史上最多の10名が登壇!neccoオフィスにて「CaT vol.5」を開催しました!

2018年最後のCaTはneccoオフィスでワイワイ楽しく!

necco初の自社運営イベントとして今年の1月にスタートしたCaT。
みなさまのご協力のおかげで、11月30日(金)に5回目を開催することができました。本当にありがとうございます!

過去のCaT記事はこちらからご覧ください。
vol.1:“作り手やこれから何かをつくりたい人”のためのイベント「CaT vol.1」を開催しました!
vol.2:(こちらはFacebookのアルバムをご覧ください)
vol.3:フォントにブログ、ツールにデザイン!各業界のスペシャリスト達による「CaT vol.3 Special !」、大好評のうちに終了しました!
vol.4:平成最後のアツイ夏、秋田市で「CaT vol.4」を開催しました!箱猫ちゃんグッズも完成!

年内最後となったvol.5は、necco officeにてneccoメンバー6名とゲスト4名の計10名が登壇。
10本のセッションを各10分という短い時間で、テンポよく発表させていただきました。
タスク管理、写真、イラスト、3Dデザイン、DIY、Twitter、3Dプリンターなどいつになく幅広いジャンルとなりましたが、たくさんのお客さまにご参加いただきうれしい限りです!
早速ですが、セッションの様子を少しずつご紹介していきたいと思います。

1.neccoチームのタスク管理 (阿部 文人/株式会社necco)


みなさんはタスク管理していますか?
neccoの業務は広告デザイン、グラフィクデザイン、ウェブサイトデザイン、アプリケーションデザインやウェブサイトの実装、アプリケーションの実装など多岐に渡ります。だからしっかりとタスク管理をしないと、仕事の優先度やスケジュールが把握できなくなってしまうんですよね。
そこで阿部からは、neccoメンバーが普段使っている便利ツールをご紹介。ディレクター、デザイナー、エンジニアがひとつの成果物に向かって制作していく過程を、neccoのタスク管理方法などを通してお話しました。

2.neccoのモブプログラミング教育的活用案 (森下 裕介/株式会社necco)


エンジニアの森下は、現在ある案件で新しい技術を習得するため「モブプログラミング」に励んでいます。
モブプログラミングとは、数名のエンジニアが同じ時間にPC上に集まり、知恵を出し合いながらひとつのソースコードを書き上げていく手法です。
そんなモブプログラミングの特徴やメリットを紹介しながら、それをこれからの仕事においてどう広げ・活かしていくかをお話しました。
ひとりでは解決できないことも、数人集まればズバッとまるっと解決!できそうですね。

3.デザインをさらに魅力的に見せよう!DimensionCC 3Dモックアップ活用講座(今 聖菜/株式会社necco)


最近、とっても身近になってきた3DCG。広告やデザインなどで目にする機会が多くなってきました。
CaT vol.4ではキャラクターの箱猫ちゃんが立体仕様になりましたよね!
そこでデザイナーの今から、3DCGをつくるためのツール「Dimension CC」をご紹介。
シンプルなUI・操作、使える素材の多さ、IllustratorやPhotoshopとの互換性などをお話しながら、実際に制作した3DCGをご覧いただきました。
箱猫カフェ、本当にあったらいいなぁ。

4.モノからヒトをデザインする(千葉 このは/秋田公立美術大学)

モノからヒトをデザインする  千葉 このは
neccoのインターン生として週1回オフィスに通う千葉このはさんは、秋田公立美術大学コミュニケーションデザイン専攻の3年生。
幼い頃から絵を描くことが好きで、現在イラストコミッションサイトにてイラストを制作・販売しているそうです。
今回のセッションでは「擬人化キャラクター」をテーマに、ヒトでないものをヒト化するうえで気をつけることや、デザインテクニックを話してくださいました。
さらに、千葉さんの好きな寄生虫を擬人化したイラストを披露。寄生虫があんなにかわいい女の子に変身するなんて!
とても面白いセッションでした。千葉さん、ありがとうございました。

5.フランス留学予定者が語る!フランスの魅力(葛西 郁花/国際教養大学)


葛西郁花(あやか)さんも、neccoのインターン生。
現在、国際教養大学2年生で経済学、数学、政治学、音楽、英語学などを幅広く学び、なんと2019年1月からフランスに留学するのだとか!
そこで、美味しい食べ物やおしゃれなカフェ、エッフェル塔やルーヴル美術館などの観光地をはじめ、葛西さんが感じたフランスの魅力について話してくださいました。
葛西さんのお話を聞いたあと、みんな「フランス行きたいな〜」とつぶやいていました。葛西さん、楽しいお話ありがとうございました。

6.もっと素敵に撮るために、知っておきたいカメラの基礎知識(夏井 ひとみ/株式会社necco)


neccoで撮影を担当している夏井はこけしが趣味。買って飾るのはもちろん、こけしを主役にした写真を撮るのがライフワークとなっています。
そこで、これまで撮ったneccoとしての実績写真や、趣味としてのこけし写真をご覧いただきながら、カメラ初心者が一歩上達するための撮影方法をご紹介しました。
一眼レフ、ミラーレス、コンデジ、スマホ…どんなカメラでもコツをつかめばちょっとだけ写真が上手になるんです。
モニターの横では、ニット帽をかぶった小さなこけしがセッションを見守っていました。

7.Life design with Twitter(もこる/AND design)


山形からはるばる来てくださったもこるさんは、山形県新庄市の個人事務所にてアートディレクターアシスタント、コーディング、HPの更新業務などを担当。
個人で、AND designとしてウェブをメインにデザイン関連の仕事を請け負っています。
以前は違った業種で働いていたそうですが、Twitterがきっかけでウェブデザインに興味を持ち、コーディングを勉強。転職して今に至るそうです。
そんな大きな決意をさせてくれたTwitterに関する詳しいお話や、もこるさん式セルフブランディングについて語ってくださいました。
人生、何がきっかけで変わるか分かりませんね。もこるさん、ありがとうございました!

8.DIYで作る、快適空間のススメ(きくち なごみ/なごみハウス)


これまでは聴く側としてCaTに参加されていたなごみさんが、今回初登壇してくださいました!
なごみさんはシール制作会社で働きながら、秋田公立美術大学生向けのシェアハウスを運営されています。
「シェアハウスを簡単におしゃれな空間にしたい!できるだけ安く・楽しく・自由に作りたい!」そのためにご自分でDIYされたそうです。
素敵な作例の紹介とともに、DIYのコツを分かりやすくお話してくださいました。
neccoのオフィスは自分たちでリノベーションしているので(記事はこちら)、とても興味深い内容でした。
なごみさん、ありがとうございました!次はドローンについてのお話も聴きたいなぁ。

9.これからはじめる3Ⅾプリンタ(鈴木 圭一/Hollow cube)


秋田県立大学 機械知能システム工学科を卒業後、2018年春、地元である秋田県由利本荘市で起業された鈴木さん。
在学中に3Ⅾプリンタについて学び、2019年4月からの本格的な活動に向けて現在準備をしているそうです。
鈴木さんには、個人でも手に入れやすい価格帯となってきた3Dプリンタについて、その魅力や使い方、実際に何ができるかなどをお話いただきました。
3Dプリンタで制作した作品も紹介してくださいましたが、思ったより簡単に出来上がるのでびっくり!
CaTの箱猫ちゃんフィギュアが完成する日が近いかもしれません!
鈴木さん、楽しくためになるお話ありがとうございました。

10.秋田が誇るプリミティヴ・アート『人形道祖神』の魅力 ~ポップなイラストで新しい見せ方に挑戦~(宮原 葉月/hacco)


CaT vol.1で登壇してくださった宮原さん、再登壇です!
宮原さんは全国的に活躍されている秋田在住のイラストレーターで、現在、本業のかたわら「秋田人形道祖神プロジェクト」に取り組んでいます。
「人形道祖神」とは、なぜか秋田にだけ100体以上集中して存在する、藁や木で作られた村を守る神様のこと。
宮原さんは郷土史研究家の小松和彦さんとともに、秋田の人形道祖神の取材をおこない、自費出版で道祖神の冊子を販売されています。
今回のセッションでは、人形道祖神の解説とともに宮原さんが描くポップでカラフルな道祖神イラストの制作過程をご紹介してくださいました。


宮原さんが着用していたのは、道祖神Tシャツ!
実はこれ、宮原さんが描いたイラストをneccoがTシャツにデザインしたものなんです。
neccoはこれからも秋田道祖神プロジェクトを応援していきたいと思います!
宮原さん、お話ありがとうございました。

セッションのあとは恒例のたこやきパーティー!


セッションのあとは懇親会。毎度おなじみのたこやきパーティーです!
焼き担当はneccoのママこと森下。どんどん味が進化しています。すごい!


もこるさんは山形からオススメのコーヒーを持参し、みんなに振る舞ってくれました。
渋みが少なくて飲みやすく、とっても美味しかったです!


CaT初参加の方、リピーターの方など、今回もたくさんのお客さまに足を運んでいただきました。
みなさま、本当にありがとうございます。
2019年もCaTをどんどん開催していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!