Message

Think Root.
Design Asset.

企業の「根っこ」となるデザイン資産を、neccoはつくります。

デザインへの姿勢

「Think Root」から「Design Asset」へ。

私はデザインがとても好きです。デザインすること、デザインを見ること、どちらも好きです。

デザインには2つのデザインがあると言われたりします。「装飾のデザイン」と「機能のデザイン」の2つです。
英語のDesignは、辞書を見れば「設計」となっています。なので、デザイナーとは日本語に訳せば設計士のことです。

私たちデザイン会社neccoは、全員が「設計士」になるべきだと考えています。
何を設計するかといえば、企業のCI(コーポレートアイデンティティー)やVI(ヴィジュアルアイデンティティー)、DI(ダイナミックアイデンティティー)はもちろん、企業の情報発信の基盤でもあるウェブサイト、ウェブサービスやアプリケーション、パンフレットやキャラクター、文章や写真、映像、音に至るまでを設計します。

設計(せっけい、英: design)とは、建築物や工業製品等といったシステムの具現化のため、必要とする機能を検討するなどの準備であり、その成果物としては仕様書や設計図・設計書等、場合によっては模型などを作ることもある。wikipedia

Wikipediaには設計図や模型と書かれていますが、neccoでは、さらに踏み込んで利用し続けることのできる最終成果物までを制作していきます。

そのデザインされた成果物に、企業の哲学や主義、思想を閉じ込め、企業らしさを発見し、デザインとして具現化することで、永続的に利用できる強さ、しなやかさを生み出したいと思っています。
デザインされたものを利用する企業の売上・利益・印象などが向上することが望ましいですが、デザインだけではそれは叶いません。残念ながら、デザインにはそこまでの力はありません。企業の売上や利益向上には、サービスの価格、機能、人、資金繰り、社内システム、業務フロー、マーケティングなど、あらゆることのバランスと組織力が重要だからです。デザインだけですべてを解決することはできません。一緒にお仕事をご依頼いただいた企業の「デザインに対する熱量」と、「継続して利用する、改善していく運用」が必要となります。デザインは全能ではないですが、デザインは組織の価値向上の一翼を担うものとして必ず機能します。

サービスでいえば、購買力、使いやすさ、安全性、公共性、ときにコストや時間の削減にもつながります。 デザイン会社である私たちが言うのも気が引けますが、デザインの価値と可能性を信じるからこそ、デザインに価値があると思えば思うほど、デザインの無力さが見え、「企業をよりよくするためにはデザインだけではだめだ」と日々痛感しています。

企業のあり方や個人のあり方と同じく、デザインとは「日々を良くしていくもの」。具現化できそうな思考を具現化する行為がデザインとするなら、具現化されたものをさらに良くしていく。改善していく行為もまたデザインであると考えています。

私たちneccoはデザインのご依頼に対して、デザインして、お渡しして終わりだとは考えておりません。企業の利益・価値向上の一翼を担うべく、デザインを「資産」と捉え、その資産を増やす、運用・活用するという考えでデザインします。

neccoの創業について

お客さまの事業を支えるための制作会社に。

私はこれまで、デザインだけ、ウェブだけ、システムだけつくります、という会社をたくさん見てきました。その場合、文章と写真はお客さまが用意します。でも、お客さまに文章や写真を一からつくる技術はあるでしょうか。経験や専門知識もなく生み出された文章や写真をいただいてデザインする。ずっとその過程に違和感がありました。

お客さまはウェブサイトや写真や文章、デザインの専門家ではありません。お客さま自身の事業に全力であり、本業があります。本業で成果を出すためにお客さまはその事業をおこなっているのです。お客さまの事業を支えるために、デザインやデザイン会社があるべきだと思いました。

そんな経験から、ロゴやグラフィック、ウェブだけでなく、文章や写真、映像など、もっと総合的で統合的にデザインを制作できる会社が必要だと気づきました。それがnecco創業のきっかけです。

だからneccoには、デザイナー、エンジニア、フォトグラファーもライターも在籍しています。みんな勉強熱心で、好奇心旺盛で、チャレンジすることが大好きなメンバーです。

創業時はウェブサイト制作やグラフィックデザインが中心でしたが、いまは映像や音楽、モーショングラフィックスにも挑戦しています。 これら全てを企業の「デザイン資産」として捉え、統合され一貫したデザインをつくり出せる会社を目指しています。

neccoのこれから

専門領域を飛び越えて仕事を楽しむ

デザイナーやエンジニア、ライターはもちろん、これからは建築士、インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー、シェフなどに仲間になってほしい。

店舗の内装デザインやプロデュース、カフェやレストランのメニュー開発やブランドデザイン、プロダクトデザイン、ホテルのデザインやシステム開発を構想しています。

現在のメイン事業であるデザイン、ウェブ制作事業を軸にしつつ、自社事業としてメンバーの能力や得意を活かしたおもしろいホテルをつくってみたい。ホテルを運営するデザイン会社necco、カフェやレストランを運営するデザイン会社necco、お部屋リノベーションできるデザイン会社necco。夢のような構想は尽きないのですが、着実にひとつずつ、ときには専門領域を飛び越えてメンバーの力を合わせてこれからもずっと楽しんで仕事をしていきたいです。

代表取締役阿部 文人

Contact Usnecco Corporate Character HakonecoContact Us