“作り手やこれから何かをつくりたい人”のためのイベント「CaT vol.1」を開催しました!

各方面でものづくりに携わる4名の方々にお話を伺いました。


2018年1月16日(火)秋田市役所内にある秋田市民サービスセンターを会場に、necco主催イベント「CaT vol.1」を開催しました。

CaTとはデザイナーやエンジニア、webディレクター、学生さん、経営者、企業の広告担当者など“作り手やこれから何かをつくりたい人”のためのイベントです。
「Create and Think」(つくる、そして、かんがえる)をテーマに、試行錯誤を行う中で最適な解と思えるものをつくってきたみなさんに登壇していただき、お話を伺います。

※「CaT」というネーミングは、ソーンダイクの猫(猫の問題箱)にインスパイアされています。

過去のブログを見ていただくと分かるようにこれまで数々のイベントに参加・登壇してきたneccoスタッフですが、会社としてゼロから企画し運営まで全てを行うのはこれが初めて。

バタバタと準備をスタートし、告知期間は1週間もありませんでしたが、なんと当日参加を含め38名の方にお越しいただきました。誠にありがとうございます。

セッションについては、各方面で活躍する4名の方々に20分ずつお話を伺いました。

セッション1:Adobe XDって実際どうなの?「ウェブサイト制作現場におけるAdobe XD導入事例」

neccoスタッフが「Adobe Max Japan 2017」に参加した際に衝撃を受けた、Adobeの新UXデザインツールXD。
詳しくはこちら→クリエイターの未来は変わるのか?「Adobe Max Japan 2017」へ行ってきました!

秋田にも実際に使っている人がいらっしゃいました!株式会社トラパンツのデザイナー、雲雀一博さんです。

制作現場でどんな風にXDを使っているのか、実際にXDを動かしてもらいながらお話いただきました。

噂通り、軽くて速くてサクサク作業ができます!URLを発行すれば誰でも動きが確認できクライアントとのやりとりもスムーズになるため、作業からコミュニケーションまで“時短”になります。

メリットのほかにもデメリット、UXデザイン以外でXDを活用する方法なども教えていただきました。

今後の進化が期待されているXD。やはりneccoも導入しようかな…???

セッション2:地方でイラストの仕事をするには?「秋田在住イラストレーターの生き残り術」

銀座ソニービルの壁画、SONYのヘッドフォン製品のイラスト、アバハウスとのコラボバッグイラストをはじめ、国内外の広告や商品、文芸誌の装丁・挿画などを手がけるイラストレーターの宮原葉月さん。

2017年4月に大阪から秋田へやってきて、現在も精力的に仕事を続けていらっしゃいます。

そんな宮原さんに、イラストレーターの仕事方法、東京のクライアントとのやりとり、秋田にいながら仕事を続けていくためのポイントなどをお話いただきました。

印象的だったのは、“地方・秋田に住んでいることが強みになるかもしれない”という内容でした。

例えば地方の風景を描くとき、写真を見ただけの場合と、実際にその地を訪れたことのある場合とでは全く違ってきます。「地方・秋田にいるからこそ描けるイラストがあるのではないか」と宮原さんはおっしゃっていました。

秋田でものづくりをしている私たちには、とても心強い言葉です!

セッション3:音声スピーカーって便利?「ついに日本で発売!スマートスピーカー『Amazon Echo』は一体なにができるの?」

ここでneccoの代表・阿部が登壇。現在どんどん新しい製品が登場しているスマートスピーカーのなかでも、『Amazon Echo』についてお話させていただきました。

Amazon Echoは、「Alexa(アレクサ)」と話かけると答えてくれます。

「Alexa、Alexaの歌うたって」
→歌ってくれる。しかもハモり。Alexa何人いるの??

「Alexa、コーヒーの粉買って」
→amazonの購入履歴を調べて、声だけで購入できる!!

など、Alexaの多彩な機能を実演。自分で機能を追加することもできるんですよ。

Adobeにも音声を認識する人工知能「Adobe Sensei」が出てきていますし、将来、音声が私たちの生活でどんな役割を担っていくのか楽しみですね。

セッション4:ここでまさかの英語教室!?「短時間で飛躍的に英語力が向上する英語教室(特別編)」

最後は、株式会社スイッチの鷹野雅弘さんによる英語教室です。

鷹野さんはDTPやウェブサイト制作など、20年以上第一線で手を動かし続け、制作のほかに執筆や講演をこなしていらっしゃいます。2015年から大阪芸術大学客員教授。2017年からはAdobe Community Evangelistとして、あのAdobe Maxでも登壇されています。

Web制作者向けのセミナーイベントCSS Niteは2005年から継続。テクニカルライターとして30冊以上の著書を持ち、総販売数は18万部を超えるという、とにかくスゴイ人なんです!
今回たまたま秋田にいらっしゃる機会があり、光栄なことに「一緒に何かやりましょう」とお声がけくださりこのイベントが実現しました。

「そんな鷹野さんが、どうして英語教室!? 」

と思った方も少なくないでしょう。

Web制作において海外のリソースを読むことは必然ですし、カンファランスなどで海外の方のスピーチに接することもあります。
そんなとき、「あー、半分も理解できなかった!」と嘆いていませんか?

英語を勉強したいと思いながらも、なかなか時間がとれなかったり、何から始めたらいいのか分からないという方のために、海外生活歴が長い鷹野さんが「伝える発音」「効果的な練習方法」「ボキャブラリー増強法」などを伝授してくださいました。

学校では教えてくれない面白くてためになるお話は、まさに目からウロコ!最後には小テストもあり、みなさん戸惑いながらも(笑)問題に向き合っていました。

スピーカー・参加者のみなさん、誠にありがとうございました。次回も開催予定!

というわけで無事、CaT vol.1が終了。
至らない点が多々ある中ご協力いただいたスピーカーのみなさん、参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

参加者のみなさんからのアンケートを一枚一枚じっくり読み、vol.2へと生かしていきたいと思います。
というわけで次回も開催します!
詳細が決まりましたらFacebookやTwitterで情報を発信いたしますので、ぜひフォローやいいねをよろしくお願いいたします。「次はこんな話が聞いてみたいな〜」など、ご要望がありましたらどんどんお寄せください!

CaT Create and Think

Facebook Page
https://www.facebook.com/create.and.think/

Twitter
https://twitter.com/create_n_think

Instagram
https://www.instagram.com/create.and.think/

イベントのビジュアルがとってもかわいいですね!このかわいさとビジュアルがお客さまがたくさん来て頂けた要因の一つかなとも思います!
デザイン、ブランドづくり、ウェブサイトづくりでご相談ある方も是非お声がけくださいませ!

お問い合わせフォーム
https://necco.co/contact