中川 小雪
writer 中川 小雪

necco note neccoのノートとお知らせ。

デザイン未経験だった私がアシスタントデザイナーとして3か月間インターンをした感想

初めまして

初めてブログを書かせていただきます!中川小雪と申します。


(友達とシンガポールへ卒業旅行に行くはずが、成田空港と羽田空港を間違え、乗り継ぎもうまくいかず、急遽一人でベトナム旅をしている時の写真です)

10月からneccoさんでデザイナーインターンをさせていただき、早いもので3か月経ちます。未経験だった私が、デザインのインターンを経験して学んだこと、neccoさんでの働く環境などを書いていこうと思います。

その前に簡単な自己紹介をさせていただきます。

現在大学4年生で社会学を専攻しています。物事の根っこの部分を考えることが好きだったことと、アイドルコピーダンスサークルの活動の経験から、ブランディングデザインというものに興味を持っていました。


(サークル活動時の写真です)

デザインに興味はあったものの経験が無かったため、2019年の4月からお菓子の会社でデザイナーインターンをはじめました。その後、Twitterでneccoさんがインターンを募集しているのを見かけて、兼ねてからやりたかったブランディングデザインに携わりたいと思い応募して働くことになりました。

応募するにあたり、サークルでの制作物や前インターンでの作品をまとめたポートフォリオ、それからなぜneccoさんで働きたいか・ブランディングデザインに興味があるのかについて綴ったものを送りました。

3か月で経験できたデザインのこと


1. Figmaを使ったウェブデザイン制作のお手伝い
2. デザインのリサイズ
3. UIデザインのお手伝い

neccoさんに来る前はIllustratorとPhotoshopしか触ったことがなかったので、neccoさんで使っているFigmaの使い方を教わることからはじまりました。初めてで不安なことも多かったのですが、いつでも質問できる環境だったのでありがたかったです。
Figmaは初めて使ったのですが、共同で編集できるというのがすごく驚きでした!サクサク動くし、Illustratorにはない便利な機能も多く、割とすぐに慣れることが出来ました。

最初はサイトのワイヤーフレーム作成と、現在作っているサイトの参考サイトの情報をまとめることからはじめました。ソフトの使い方や機能を覚えつつ、サイトの基本となる構成やフォント選び、要素を配置する方法などを学びました。(まだまだ勉強中です)

ソフトの使い方に慣れてきたあとは、サイトのデザインを考えて作成してみました。自分で実際に作ってみると、デザインの引き出しが少なく、やりたいことを実現できるスキルがなくて苦戦しましたが楽しかったです!それまで参考に見ていたサイトも、以前より解像度を上げて視るポイントが増えました。作成したあとはフィードバックをもらい、先輩方と一緒に修正や調整を行いました。Figmaは共同作業ができるため先輩方の作業をみながらデザインでき、とても参考になりました。

その他にも作られたデザインのリサイズ調整、UIデザインのお手伝い、プレゼンテーション作りなどをやらせていただきました。

neccoさんでの働く環境について

次に、インターンを経験して感じたneccoさんの素敵だと思ったことについて書いていきます!

1. 働きやすい環境
2. 学びの機会が多くある環境
3. 根っこを大事にしている

1. 働きやすい環境

まず一つ目の「働きやすい環境」について。インターンをはじめてすぐに、素晴らしい環境を用意していただきました。

MacBookに4Kのモニター、座りやすい椅子と足置きクッション支給というとても恵まれた環境で快適です。(会社の環境があまりに良いので、卒論を書きにきていました)
ちなみに、yogiboのクッション、バルミューダの加湿器もあります。あと会社の周りのご飯屋さんがどこも美味しい…!

入ってすぐに会社のSlackなどにも入れていただけて嬉しかったです。初対面の人に話しかけたりするのがすごく苦手なのですが、neccoの皆さんはとても優しく気軽に質問などをしやすい環境でした。

2. 学びの機会が多くある環境

二つ目の「学びの機会が多くある環境」ですが、Slackで良いデザインや勉強法について投稿するチャンネルがあること、普段からデザインについてコミュニケーションする機会があること、勉強する機会がある場所へ積極的に連れて行ってもらえることなどです。
日々デザインについてみんなで話し、共有することで、自分の刺激にもなるし先輩方の考えを聞くこともでき参考になります。

また、12月はAdobe MAX Japan 2019「ヨゼフ・ミュラー=ブロックマン『グリッドシステム』を読み解く」by 中村 将大さんの講演会に連れて行っていただきました。

Adobe Max Japan 2019 Adobe Aero 箱猫 まりめろおばけちゃん

Adobe MAXでは色んなクリエイター方の話を聞いて、デザインでできることの幅の広さを知りました!!たくさん素敵なクリエイティブに触れて、自分も好きなことに挑戦しようと刺激を受けました。

「ヨゼフ・ミュラー=ブロックマン『グリッドシステム』を読み解く」の講演会は、neccoさんでも現在デザインするときに参考にしている「グリッドシステム」の本を社会・文化・歴史的背景を読み解くといった内容でした。
正直デザインの勉強や知識もまだなく勉強不足であったため難しい内容ではありましたが、グリッドシステムの構造や成り立ち、デザインの歴史など盛りだくさんな内容に圧倒されました。今はまだ勉強したことが点と点になっている状態なので、きちんと基礎的な知識を入れて全てを結びつけて理解できるようになりたいです。

こういった学びの機会を積極的に取ってくださり、日々楽しく勉強になります。自分で考えたことを人に伝える機会も多いので、まだ苦手ですが感じたことを言語化する練習にもなります。
会社にはデザイン関連の本もたくさんあるので、これからどんどん読んでいこうと思います!自分で学んだことを発信できるようにしていきたいです。

3. 根っこを大事にしている

最後に、三つ目の「根っこを大事にしている」について。私が手伝うことになったお仕事について、どういう経緯でお仕事をいただいたのか、どういう目的でこのサイトを作っているのか、最終的にはこのサイトを作ることで何を目指しているのか、などについて何度もお話ししてくださいました。
こういったお話を聞くことで、ただ目の前のデザインの見栄えを良くするのではなく、ちゃんと最終的な目標を達成できるものになっているのか、お客さまや、このサービスを使う人のために作れているか、など考えてデザインできるようになりました。

また、お仕事以外にもneccoさんの会社の現状や、会社全体で目指している場所、仕事の意味などについても日々共有してくださるため、自分なりに仕事を通して会社にどうやったら貢献できるかな、など少しずつ考えられるようになりました。(まだまだですが!!)

以上、未経験だった私がneccoさんで3か月間アシスタントデザイナーとしてインターンしてみた感想でした。

最後に

そして、2020年4月からアシスタントデザイナーとして、neccoさんに加わることになりました!一人前のデザイナー目指して頑張っていきたいと思います。
長文読んでいただき、ありがとうございました。

中川 小雪
中川 小雪 Koyuki Nakagawa

平成10年 神奈川県生まれ。 中央大学で社会学を学び、2019年10月からneccoでインターンを始める。 一人前のデザイナー目指して修行中。 好きなものはアイドル、可愛いもの、可愛い人、ご飯、布団、こたつ、小説。早起きが人生の課題。