夏井 ひとみ
writer 夏井 ひとみ

necco note neccoのノートとお知らせ。

Photoshopが苦手な私でも、Camera Rawフィルターを使ったら超簡単に画像補正ができました。

CameraRawフィルター
Before

こんなフィルターがあるなんて! 使わなきゃもったいない。

Photoshopってむずかしい…。
IllustratorやInDesignと比べて、なぜか苦手意識があります。

neccoに入社してから撮影の仕事をさせていただく機会が多くなり、自分なりに画像補正を勉強しているつもりなのですが、困ったことになかなか覚えられないんですよね〜。

Photoshopをむずかしく感じる理由、それはおそらく「レイヤー」のせいだと思われます。
Illustratorにもレイヤーはありますが、使い方が全く違うのでいつも頭の中は混乱状態です。

そんなとき、デザイナーの今(こん)が、めちゃくちゃ便利な補正方法を教えてくれました。
それが「Camera Rawフィルター」です。

Camera Rawフィルターとは
もともとはプラグインとしてスタートしたRaw現像ソフトが、Photoshopにフィルターとして追加されたもの。
RawデータだけでなくJPEG画像にも使用でき、ひとつの画面でホワイトバランスや露出、色調、彩度、トーンカーブなどを調整できる。

これなら、複雑なレイヤーを使わずとも簡単に色調補正ができるんです。
私はこれを知って以来、Camera Rawフィルターにものすごくお世話になっています。

さっそく、コスモスの画像で使い方を説明していきます。

①レイヤーをスマートオブジェクトに変換します。

CameraRawフィルター

Photoshopで画像を開いたら、背景レイヤーをダブルクリック→右クリックで「スマートオブジェクトに変換」を選択します。
スマートオブジェクトにすると編集画像を再修正したり編集前の状態に戻すこともできるので、とっても便利!

②Camera Raw フィルターを起動します。

CameraRawフィルター

メニューから「フィルター」→「Camera Rawフィルター」を選択します。

③Camera Raw フィルター画面が開いたら、ツールとパレットを使って補正をおこないます。

CameraRawフィルター

これがCamera Rawフィルター。Lightroomの画面に似ていますね。

左上のツールと右のパレットは連動しています。
基本補正では、ホワイトバランス、色かぶり補正、露出量、コントラスト、ハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、テクスチャ、明瞭度。かすみの除去、自然な彩度、彩度を調整することができます。

④トーンカーブもここから調整可能。

パレットのタブをクリックしていくと、トーンカーブのほかにディテール補正やレンズ補正などもできます。

⑤ブラシツールを使って、手前の花だけ少し露出をあげてみます。

左上のブラシツールをクリックしたら、右のパレットで露出量とブラシのサイズを調整し、画像の明るくしたい箇所をポチっとします。

⑥画像のゆがみを調整したいときにも便利です。

左上の変形ツールをクリックし、右のパレットで垂直方向や水平方向などを調整できます。
コスモス写真はゆがみ補正をしなくても大丈夫でなので、このままで。
このツールは建築写真などに向いていると思います。

⑦補正前と補正後を比較したいときは、Yのアイコンをクリック。

いまは補正前=左側、補正後=右側に表示されていますが、左右を逆にしたり、上下に配置することも可能です。

⑧特定の色だけを調整することもできます。

空をもっと鮮やかにしたいので、ブルーの彩度をあげました。
これは人物の肌や唇の色を調整するときにも役立ちます。

⑨完成!

After

ここまで5分もかからず補正が終わりました。
「あれ?今まで苦労してたのはなんだったの??」
と思ってしまうくらい簡単です。

Camera Rawフィルターに出会ってから、あんなに苦手だったPhotoshopが好きになってきました。
Photoshopには便利な機能がまだまだありそうなので、またnecco noteでご紹介したいと思います。

夏井 ひとみ
夏井 ひとみ Hitomi Natsui

エディター / フォトグラファー 宮城県生まれ。 東北学院大学を卒業後、仙台の広告代理店にて主に週刊フリーペーパーの取材・編集・ライティング、企業のイベント企画・プロモーション提案などに従事。その後、住宅会社の広報スタッフを経て2014年に秋田県へ。官公庁および県内企業のウェブサイト、冊子、情報誌、パンフレット、商品パッケージデザインなど、秋田県に関わるさまざまな制作物におけるディレクション・編集・取材・ライティングを幅広く経験。 好きなものは伝統こけし、花、鳥、チョコレート。「こけしと自然」をテーマとした写真撮影が趣味で、2017年夏には青森にて写真展を開催した。似ているキャラクターはニコロビン、メーテル、エボシ御前。こけしにも似ている。