田口 冬菜
writer 田口 冬菜

necco note neccoのノートとお知らせ。

画像をレトロな印刷風に加工できるFigmaプラグイン「Halftones」を使ってみた

レトロで紙っぽい写真加工ができるFigmaプラグイン「Halftones」を使ってみました。

プラグインをインストールしてすぐ使えるので、ウェブやUIのデザインで雰囲気ある写真を使いたいときに便利です。写真の画質が低いときにも役立つかもしれません。

この記事では、Halftonesの使い方や作例を紹介していきます。

Halftonesとは?

HalftonesはFigmaで使えるプラグインです。

写真を用意して少し操作するだけで、レトロな印刷物のようにドット柄のパターン効果をかけてくれます。ドットの形や荒さも調整できるので、雰囲気のあるオシャレな画像をつくりたいときに便利です。

Halftonesのインストールはこちらから

使用方法

FigmaでHalftonesを使用するときの手順は以下です。

  1. Figma Community からプラグインをインストール
  2. Figmaを開いてパターンを適用したい画像を用意
  3. Dots または Halftones を選び、お好みで効果を調整

ドットの加減は好みで変えられるので、いろいろ試してみてください。

Halftonesを使った作例

実際にHalftonesをつかって写真を加工してみました。

左が加工前のオリジナル画像、真ん中がHalftone効果を適用した画像、右がDotted効果を適用した画像です。

加工前のオリジナル画像全体像。

Halftone

Halftone効果を適用した画像。
小さめのドットフィルターをかけてみました。
彩度は自動で高くなり、全体に明るく発色のいいイメージになりました。

ドットをより荒くしたバージョン。
画質が悪い写真でも、このフィルターをかければ雰囲気ある写真に生まれ変われるかもしれないですね。

Dotted

Dotted効果を適用した画像。
紙に白黒で印刷したようなイメージになりました。
新聞紙や大正・昭和っぽいレトロなイメージ表現をしたいときに使えそうです。

ドットをもっと荒くしたバージョン。
紙っぽい質感がより強くなりました。

Halftonesでの作例一覧

作例の一覧です。
同じ写真でもHalftonesの効果次第でイメージが変わっておもしろいです。

まとめ:レトロな紙っぽい雰囲気加工ができた

Figmaで使えるプラグイン「Halftones」の紹介でした。

実際に使ってみると、操作方法は簡単ながらも場面に応じてモードの使い分けでき、レトロなイメージの写真加工が気軽にできてよかったです。

プラグインをインストールしてしまえばいつでも効果が試せるので、今後も気軽に活用していきたいです。

田口 冬菜
田口 冬菜 Fuyuna

三重県伊勢市生まれ。元理学療法士。臨床6年目、趣味から始めたデザインに夢中になり、デザイナーに転職。2019年に上京。2020年6月からneccoにデザイナーとして参画し、人の心を動かすもの、魅せるデザインを日々探究している。モーショングラフィック・動画の制作にもハマっている。人と本とお出かけが好き。何もしないことが苦手。