田口 冬菜
田口 冬菜

necco note

画像をレトロな印刷風に加工できるFigmaプラグイン「Halftones」を使ってみた

  • Design

レトロで紙っぽい写真加工ができるFigmaプラグイン「Halftones」を使ってみました。

プラグインをインストールしてすぐ使えるので、ウェブやUIのデザインで雰囲気ある写真を使いたいときに便利です。写真の画質が低いときにも役立つかもしれません。

この記事では、Halftonesの使い方や作例を紹介していきます。

Halftonesとは?

HalftonesはFigmaで使えるプラグインです。

写真を用意して少し操作するだけで、レトロな印刷物のようにドット柄のパターン効果をかけてくれます。ドットの形や荒さも調整できるので、雰囲気のあるオシャレな画像をつくりたいときに便利です。

Halftonesのインストールはこちらから

使用方法

FigmaでHalftonesを使用するときの手順は以下です。

  1. Figma Community からプラグインをインストール
  2. Figmaを開いてパターンを適用したい画像を用意
  3. Dots または Halftones を選び、お好みで効果を調整

ドットの加減は好みで変えられるので、いろいろ試してみてください。

Halftonesを使った作例

実際にHalftonesをつかって写真を加工してみました。

左が加工前のオリジナル画像、真ん中がHalftone効果を適用した画像、右がDotted効果を適用した画像です。

加工前のオリジナル画像全体像。

Halftone

Halftone効果を適用した画像。
小さめのドットフィルターをかけてみました。
彩度は自動で高くなり、全体に明るく発色のいいイメージになりました。

ドットをより荒くしたバージョン。
画質が悪い写真でも、このフィルターをかければ雰囲気ある写真に生まれ変われるかもしれないですね。

Dotted

Dotted効果を適用した画像。
紙に白黒で印刷したようなイメージになりました。
新聞紙や大正・昭和っぽいレトロなイメージ表現をしたいときに使えそうです。

ドットをもっと荒くしたバージョン。
紙っぽい質感がより強くなりました。

Halftonesでの作例一覧

作例の一覧です。
同じ写真でもHalftonesの効果次第でイメージが変わっておもしろいです。

まとめ:レトロな紙っぽい雰囲気加工ができた

Figmaで使えるプラグイン「Halftones」の紹介でした。

実際に使ってみると、操作方法は簡単ながらも場面に応じてモードの使い分けでき、レトロなイメージの写真加工が気軽にできてよかったです。

プラグインをインストールしてしまえばいつでも効果が試せるので、今後も気軽に活用していきたいです。

田口 冬菜

田口 冬菜

Fuyuna Taguchi

三重県伊勢市生まれ。商業高校卒業後、理学療法士になる。三重県の二次救急病院で6年間勤務し、整形外科疾患、脳血管疾患、心血管疾患、呼吸器疾患など、さまざまな患者様の術前・術後リハビリを経験する。臨床6年目に趣味からはじめたデザインに夢中になり、病院を退職してデザイナーに転職。地元でフリーランスとして活動した後、さらなる成長を求めて上京、東京のデザイン会社に就職。neccoには2020年6月からデザイナーとして参画。現在はデザインに加えてモーションデザイン制作も担当。好きなものはデザイン、本、アート、お出かけ、インテリア、犬、考えること、効率化。外でぼーっとしているときはたいてい人の動作観察を楽しんでいる。何もしないこと、退屈なことがとにかく苦手。おもしろそうなことはなんでもやってみる。

SHARE

TwitterFacebook

Other Posts

necco note

CSS Niteのオンラインセミナーで『Figmaの基本と「ペアデザイン」の実践』についてお話しました!

Contact Usnecco Corporate Character HakonecoContact Us