Brand Design

商品の魅力が伝わるパッケージデザインは、 お客様とのより良いコミュニケーションを 生み出します。

Brand Design

ブランドとは

ブランドデザインという言葉が聞き慣れない方もいるかもしれません。
まずはブランドの意味から考えてみましょう。

ブランドの価値と機能

ブランドをデザインすること

継続していくべき活動はブランディングデザイン


ブランディングとは、一般的に「見え方のコントロール」や「他社との差別化」などと言われています。
それらに加え、neccoでは、ブランディングとは「お客さま(ユーザー)に好きになってもらう全ての取り組み」であると考えます。

例えばユーザーは、ロゴを見るだけで「あの会社だ」「あのブランドだ」と判断し、「あの会社の商品なら品質は確かなはずだ」「あのブランドは店舗での接客も親切だ」など、価値の高さやサービスの印象までも瞬時に認識します。
つまり、ブランドデザインとは、“ユーザーとブランドの接点である「タッチポイント(顧客接点)」をデザインする”ことです。

わたしたちは単にロゴやサイトのデザインをするだけでなく、企業の価値や他社との違いを明確にし、視覚化・体験化することで、ブランド・商品(サービス)・企業のお客さまに好きになってもらうお手伝いをします。

こんなお悩みありませんか?

  • ブランドがなかなかユーザーに浸透しない
  • 新商品を発売したが、コンセプトづくりがうまくいかず行き詰まっている
  • 新しいサービスを開発したので、スローガンの策定からウェブサイト制作までトータルで依頼したい

上記のようなお悩みをお持ちの方は、neccoにお気軽にご相談ください。
わたしたちはブランディングデザインを通して、みなさまが抱えている課題を根本から解決へと導きます。

neccoが提供するブランドデザイン

企業の課題を発見し、必要なデザインを制作します。

ブランドを認知するのにあらゆる場所や媒体で使われ、顧客接点が一番多いのが企業を象徴するロゴ・マーク、ロゴタイプフェイスです。

機能的価値と情緒的価値のバランスを考慮しながら
ビジュアル化・言語化・ストーリー化します

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

顧客体験(タッチポイント)の一貫性を重視した
ブランディングデザインをおこないます

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

私たちだからできること

neccoにはディレクターやデザイナー、エンジニア、モーションデザイナー、エディター、フォトグラファーが在籍し、さまざまな分野からお客さまの課題を解決へと導くお手伝いをいたします。まずはお気軽にご相談ください。

necco Corporate Character HakonecoDOWNLOAD

necco Corporate Character HakonecoCONTACT