Copywriting

ユーザーの心理・行動を変えるコピーを作成します。

Copywriting

コピーライティングとは

コピーライティングとは「言葉で企業や商品の魅力を伝え、ユーザーを動かす文章」のこと。いわゆる宣伝文のことでありキャッチコピーも含まれます。コピーは「イメージコピー」と「セールスコピー」の2種類に分けられ、以下のような違いがあります。

心を動かす「イメージコピー」

イメージコピーとは、商品そのものを直接的にPRする文章ではなく、企業や商品のイメージを伝えるためのコピーです。
主に企業が目指すことや世の中に伝えたいイメージを一言であらわすキャッチコピーのことをいい、映画やポスター、本のカバーなどにも使われています。
つまり、イメージコピーは企業や商品のブランディングが目的で、ユーザーの心を動かすための文章といえます。

行動を促す「セールスコピー」

一方、セールスコピーは言葉の通り「商品を売る」ためのコピーです。
新聞広告やチラシ、POP、商品販促ポスター、テレビやラジオの通販番組、求人広告などに使われています。
セールスコピーには、商品を売るという目的のほかに「問い合わせへと誘導する」「予約させる」などユーザーの行動を変える効果があります。たとえ実際の商品・サービスがすばらしいものでも、コピーがパッとしないものだと目にとまりません。

・商品の魅力を伝えるコピーが思いつかない
・会社のイメージコピーを一新したい
・採用サイトを作りたいけど、どんなコピーにすればいいのか分からない

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひneccoにご相談ください。

私たちはこんなコピーライティングを得意としています

顧客の「心を動かす」「行動を促す」ためには、人間の行動心理を調査し理解することが何よりも重要です。そのために私たちは、以下の点に留意しながら文章を作成しています。

企業や商品の魅力を深く理解する

まず第一に、コピーライター自身が企業や商品を深く理解することが大切です。
クライアントへのヒアリングはもちろん、市場調査や競合調査、ターゲット分析などをおこないます。また、実際に商品やサービスを試し、その特徴や魅力を把握したうえでコピーを作成します。

事前にマーケティングリサーチをおこない、ターゲットの心理を把握する

事前調査をもとにターゲットを絞り、そこから「ペルソナ」を設定します。
ペルソナはターゲットをより緻密に具現化した架空の人物のことで、ペルソナを意識することで顧客の心に響く具体性のある文章となります。
ペルソナが商品を購入・使用したことによって「どんな効果・効能があるのか」「生活にどんな変化があるのか」「ユーザーが抱える問題がどう解決するのか」が伝わるようなコピーを作成します。

ありきたりな決まり文句や、奇抜すぎるコピーは使わない

どこにでもあるような決まり文句を使用しても、ユーザーの心には響きません。
また、奇抜なコピーを使用する場合も注意が必要です。有名な商品や誰でも知ってる大企業なら良いのですが、そうでない場合、注目はされても顧客に理解されず、購買に至らないケースが多々生じます。
まずは特徴を分かりやすく説明し、商品の魅力を知ってもらうことを第一に考えます。

neccoだからできること

私たちはこれまで、食品、美容、ファッション関係、住宅・不動産などさまざまな業種のコピーを作成してきました。
社内にはライター・デザイナー・ディレクター・エンジニアといった各分野のプロが在籍し、それぞれが常に情報共有をおこないながら、同一認識のもと制作を進めてまいります。

・ウェブにおける検索キーワードを分析し、適切なコピー作成を手助けします
・デザイナーがキャッチコピーに合わせたデザインを制作します
・紙媒体からウェブサイトにいたるまで、統一したキャッチコピー・デザインでの展開が可能です

みなさまのコピーライティングに関するお悩みをneccoが解決いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

Contact Usnecco Corporate Character HakonecoContact Us