Interview

ブランドやコンテンツの価値を向上させる取材・インタビューをおこないます。

Interview

取材記事の必要性

・いまのコンテンツが物足りない、もっと充実させたい
・より具体的で説得力のあるコンテンツが欲しい
・利用者やスタッフのリアルな声を発信したい

こんなお悩みはありませんか。
コンテンツの価値を上げるための必須事項として「読まれる文章を書く」ことが挙げられます。
もちろん文章力も大事なのですが、それよりもっと大事なのは、そのコンテンツに「有益な情報が含まれているかどうか」です。
どんなにグッとくるコピーや文章が書かれていても、ユーザーにとって有益な情報が含まれていない場合は、最後まで読んでもらえないか読み飛ばされてしまいます。

有益な情報を含むコンテンツ作成に必要となってくるのが情報収集、つまり「取材(インタビュー)」です。
neccoでは、コンテンツの価値を上げるための取材・インタビュー、記事制作のお手伝いも積極的におこなっています。

取材の目的と具体例

取材とは、記事やコンテンツをつくるために、人や物事の情報を収集することをいいます。
取材・インタビューの代表例は下記3つが挙げられ、採用PRサイトやコーポレートサイト、商品ブランドサイト、オウンドメディアなど、さまざまな媒体で取り入れられています。

事例や実績紹介のための取材

具体例
・自動車や家を購入したオーナーさまへのインタビュー
・サービスを利用したクライアント(お客さま)へのインタビュー

商品やサービスを購入する際、多くの人が「お客さまの声」や「導入事例」を参考にするのではないでしょうか。「実際に使ってみてどうだったのか」、「どんな使い方をすれば自分にメリットがあるのか」といった感想は、購入を決めるための大きなヒントとなります。

necco取材実績

採用のための取材

具体例
・先輩インタビュー
・経営者インタビュー
・採用担当者インタビュー

採用サイトでよく見かける記事コンテンツが上記3つです。職場の雰囲気や、どんな先輩が働いているかを就職希望者に伝える大事なコンテンツといえます。
ここで気をつけたいのは、企業のイメージアップのために良いことばかりを書かないこと。
「働いてよかったこと」や「やりがい」といったプラス面のほか、「苦労したこと」や「問題を乗り越えるために行なったこと」など現場社員のリアルな声を取材し、入社後にイメージとのギャップを生じさせない記事づくりを心がけています。

商品PRや施設紹介のための取材

具体例
・新オープンの施設や飲食店の取材
・新商品発売の際の開発担当者インタビュー

雑誌やフリーペーパー、商品ブランドサイトなどでよく見られるコンテンツです。新しくオープンした施設や店舗に足を運び、取材・インタビューをおこないます。商品の場合は開発担当者に話を聞いたり、食品や料理の場合は試食して感想を書くこともあります。

取材・インタビュー記事のメリット

客観的視点により説得力が増す

取材・インタビュー記事は、書き手が話し手の言葉を聞き取り文章にするものです。企業寄りの主観的な視点ではなく第三者による客観的な文章になるため、セールス感が最小限に抑えられ説得力のある記事となります。

口語体で飽きずに読める

自然な会話の流れと口語体による読みやすい文章により、たとえ長文であっても単調にならず飽きることなく最後まで読み終えることができます。(記事の内容によっては口語体が適さない場合もあります)

素直な言葉でリアルを伝えられる

書き手は話し手の言葉を聞き取り文字にするため、クライアントの伝えたい思いをストレートに伝えることができ読者に共感がうまれます。

以上のように、企業・商品・サービスの魅力を第三者による文章で伝えることができる取材・インタビュー記事は、通常の記事原稿よりも説得力が増し、イメージアップやブランド力アップにつながるものといえます。

取材のポイント

ゴールを把握する

ゴールとは「記事を通してどんなことを伝えたいか」、「読者にどんな行動を取ってもらいたいのか」といった最終的な目標です。具体的には、「問い合わせに誘導したい」「採用につなげたい」「商品を購入してほしい」「認知度を上げたい」などが挙げられます。
取材をおこなう前にゴールを把握し、どんな記事にするのかを想定しておきます。

事前準備

クライアント(取材対象)のことをあらかじめ調べてから現場へ向かいます。
提供資料はすべて読み込むのはもちろん、ウェブサイトなどでクライアントの情報を知っておくことが必要です。
先述したようにゴールを把握したうえで下調べをおこない、質問事項や会話の進め方を考えておきます。neccoでは、インタビューシートを作成し事前に取材対象者にお渡ししています。

ディレクション

取材と同時に撮影をおこなう場合が多いため、現場ではディレクションが必要となります。
取材現場に入った際に話し手と聞き手の立ち位置を判断し、指示いたします。
撮影の際どこを背景にするべきか、右向きなのか左向きなのか、どんな構図にすれば良いかを、デザインやメディアの特性をふまえて判断します。

取材中は聞き手に徹し、話し手の言葉を引き出す

取材の際は話し手が緊張しないよう世間話をして気持ちをほぐしたり、素直に会話ができるような態勢をととのえます。
たとえ知っている内容だったとしてもあえて質問を投げかけ、相手の言葉を引き出します。準備した質問事項だけを淡々を聞き出すのではなく、自然な会話の流れを大切に進めていきます。
なお、会話の内容はボイスレコーダーに録音させていただきます。録音データが外部に漏れることは一切ございませんのでご安心ください。

取材記事作成のポイント

分かりやすい文章にリライトする

取材相手が話した内容をそのまま文章にするのではなく、さらに読みやすくなるよう解説を追加したり、文章を調整します。その際は過度な変更や修正を加えず、話し手の個性やその場の雰囲気が失われないよう注意しながらリライトをおこないます。

見出しで読者を惹きつける

冒頭に必ず見出しやリード文をつけます。
リード文とは記事の冒頭部分に書く導入文のことで、この記事で「どんなことを伝えたいか」「どんな問題が解決できるか」などを伝えるイントロダクションです。
私たちは見出し・リード文で読者の興味を強く惹きつけ、確実に本文へと導く文章を作成します。
また文章の途中にも小見出しや補足文を適度にはさみ、写真やイラストなどで強弱を出しながら、読み手の負担を減らし、見やすく・読みやすい原稿を作成します。

SEOも考慮した文章作成

取材・インタビュー記事に限らず、どんなウェブコンテンツにも言えることですが、検索エンジンで上位表示され、さらにクリックされなければ読まれません。
neccoでは検索ユーザーが検索窓に入力するキーワードをあらかじめ選定し、キーワードに沿った見出しや文章を持つ記事を作成します。

私たちだからできること

neccoでは数多くの実績と経験をもつライターが現地に赴き、取材をおこないます。必要があれば写真撮影もいたします。取材・撮影・執筆・広告デザイン・ウェブサイト制作まで一貫しておこなえるため、チーム内で意識の食い違いが生じることがありません。

私たちはこれまで、飲食、住宅・不動産、アパレル、ITなど幅広い業種の取材・インタビューをおこない記事を作成してきました。
「ウェブサイトや広告媒体に、取材記事を活用したコンテンツを掲載したい」そんな方はぜひご相談ください。

Contact Usnecco Corporate Character HakonecoContact Us